スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原子力施設事故とヨウ素剤の関係【甲状腺種からの回避】

o0800054011109676540.jpg

原子力施設での事故があった場合

どうしてヨウ素剤を服用するのか?

ヨウ素は、甲状腺ホルモンの構成成分として生体に必須の微量元素であり、体内には約25mgが存在する。また、海草に多く含まれ、1日の摂取量は成人で約1.5mgとされている。一方、甲状腺は、ヨウ素を取り込み蓄積するという機能があるため、原子力施設の事故で環境中に放出された131Iが体内に吸収されると、甲状腺で即座に甲状腺ホルモンに合成され、甲状腺組織の中で放射能を放出し続ける。その結果、放射能による甲状腺障害が起こり、晩発性の障害として甲状腺腫や甲状腺機能低下症を引き起こすとされている。

 これらの障害を防ぐためには、被曝する前に放射能をもたないヨウ素を服用し、甲状腺をヨウ素で飽和しておく必要がある。こうすることにより、131Iにより内部被爆しても甲状腺には取り込まれず予防的効果が期待できる。その際、ヨウ素剤の効果は投与する時期に大きく依存するとされており、表に示すとおり被曝直前に摂取した時に効果が最大で、時間が経過するとその効果は薄くなる。


薬事情報

ヨウ素は購入せず、日頃からとろろ昆布やワカメを多く含むものをたべることで甲状腺のヨウ素備蓄量を増やし、原発事故の際の放射性ヨウ素の吸収を減らそうとしているひともいます。(ヨウ素は海藻類に多く含まれています。

関東環境放射能水準の可視化
http://microsievert.net/
チェルノブイリ原発事故が起きてから約25年になりました。
今こそ過去から学び安心の出来る環境を作りたいですね・・
http://www.japanese-page.kiev.ua/jpn/news-from-ukraine_chernobyl-20-years.htm

健康に気を配り日々を過ごしてきた方々には
非常に悲しい原発事故・・

一日も早く笑顔で過ごせる日が来ますように!

someday
スポンサーサイト

テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

コメント

Secret

プロフィール

HIRO

Author:HIRO
日本の四季・・季節の中を一緒に散歩しませんか♪いろんな方と出逢えて嬉しい思いで一杯です・・心暖かい一言のメッセージが心に響きます♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
4668位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

404位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
最新コメント
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
FC2ブックマーク
QRコード
QR
FC2拍手ランキング
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。